SQLメモ

SQLの基本構文

select myentry from mytable where [検索条件] order by hoge;

コメントは#ではなく-- や/*ほげ*/の形にする 予約語(select等)を識別子として使用する場合は”(シングルクオート)で囲む

COUNT

レコード数(列数)を数えるには

SELECT COUNT(*)
FROM <テーブル名>

SELECT COUNT(DISTINCT <列名>)

mysql

mysql -u root@localhost -prootとしてパスワードつきで起動(@localhostは省略可能)

join

sqlite

コマンドラインでのコマンド

sqlite3 <database_name> … データベースの作成とインタプリタの起動。データベース名はなんでもよいが拡張子名にはdbあるいはsqlite3とつける

インタプリタでのコマンド

.show … 区切り文字などのパラメータ状態の表示 ;が入力されるまでは1つの文とみなされる。それまでは自由に改行できる .help … ヘルプ .tables … tableの一覧を確認 .databases … 接続されているデータベースの一覧 select * from <table_name>; … sqlの実行 .schema <table_name> … テーブル定義を確認 .dump <table_name> … ダンプimp

テーブルの基本操作

テーブルの作成

create table test(val1, val2)   #データ型の指定なし
create table test2(val1 text, val2 mumeric) #データ型を指定

行の挿入

insert into test values(null, 48);

データ型の確認

select typeof(val1)

tsv,csv

インポート
create table table_name (name text, param1 int, param2 int) #あらかじめテーブルを作成(必須かは不明)
.separator "\t"
.import data.tsv table_name
エクスポート
.header off
.mode tabs
.output hoge3.csv
Tweet This Page
BTC address: 16BQGsTmsKtbMMT2Zwj4qNZnnAncnVCtWo
LTC address: LZuEiJecMZFN48k6jRhoRQZvH8VS1MBuGc