Makeメモ

make --just-print するとmakeの実行するコマンドの一覧が見れる。

configure時に --prefix=/usr/xxxx のように指定してやると、make install 先のディレクトリが/usr/xxxxになる。

makeflow

makeに非常に似た構文でかけるパイプ作成ツール。シェルよりもfault toleranceが高い。

minimal make

ターゲット:依存するファイル
    コマンド

とすると、ターゲットが存在しない || 依存するファイルの更新履歴がターゲットより新しい 時にのみ実行してくれる。なお、インデントはタブでなくてはならない

.PHONY:clean

clean:
    rm -f file*.txt

とするとmake cleanで中間結果の削除ができる

Tweet This Page
BTC address: 16BQGsTmsKtbMMT2Zwj4qNZnnAncnVCtWo
LTC address: LZuEiJecMZFN48k6jRhoRQZvH8VS1MBuGc